読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dama's diary

思いつくまま 気の向くまま 好きなこと 書き留めます

十一月にふる雨

11月に入り、ふと

「十一月にふる雨」という男声合唱曲を思い出した。

昔、歌った(口ずさんだ?)ことがあるからです。

合唱界で知らない人はいない”タダタケ”こと

作曲家多田武彦さんの男声合唱組曲に「雨」という作品があります。

これは

「雨の来る前」(詩:伊藤整

「武蔵野の雨」(詩:大木惇夫)

「雨の遊動円木」(詩:大木惇夫)

「雨 雨」(詩:尾形亀之助

「雨の日に見る」(詩:大木惇夫)

そして前にこのブログに書いた「雨」(詩:八木重吉

の全6曲で構成されています。

この4番目の「雨 雨」という曲、

ここには当初は堀口大学さんの詩に曲をつけた「十一月にふる雨」

という曲が入っていたのですが

事情があって差し替えられたとのことです。

その詩はこうです。

 「十一月はうら悲し

  世界を濡らし雨が降る

  十一月に降る雨は

  暁来れどなおやまず

  初冬の皮膚に降る雨の

  真実冷たい悲しさよ

  されば木の葉も堪えもせで

  鶫(つぐみ)、鶉(うずら)も身震いす

  十一月に降る雨は

  夕暮れ来れどなおやまず・・・・」

この後に続く歌詞の一部に

今の社会では適切とは言えない言葉が用いられていたことから

差し替えられたそうです。

どういう訳か差し替えられる前のその曲を覚えていました。

冷たさ、悲哀を表現した詩にぴったりの哀しいメロディ。

いい曲です。

だから思い出したんです。

 

ちなみに練習ではありますが

その多田武彦さんの指揮で歌を歌ったことがあります。

どうでもいい話です。