読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dama's diary

思いつくまま 気の向くまま 好きなこと 書き留めます

さようなら 秋

今日は本当に寒かった。

寒さが身にしみて

秋が深まってゆくとともに物悲しくなり

憂鬱になります。

 

ぼんやりとしていると

秋山邦晴さん作詞、武満 徹さん作曲の

合唱曲「さようなら」のフレーズがどこかから

浮かんできました・・・。

 

過ぎてゆく時に

去っていく人、ものに・・・さようなら。

 

オフコースの「さよなら」の方が

名曲でしょうけど。

 

『 さようなら

  凍ったガラスの淋しい顔

  <昨日>

  その文字は消えてしまう

  さようなら

  あなたのからだの遠い何処かで

  恋が

  枯木のように身震いする

 

  さようなら

  あなたの指は

  髪の毛のなかで

  美しく 石のように羞じらっている

  さようなら

  あなたのなかにわたしの

  わたしのなかにあなたの

 

  さようなら

  あなたのなかに

  わたしは部屋を

  限りなく探しつづけている 』