読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dama's diary

思いつくまま 気の向くまま 好きなこと 書き留めます

聞く力

2013年最後に読んだ本は

今、紅白歌合戦の審査員としてご出演の

阿川佐和子さんの「聞く力-心をひらく35のヒント-」(文春新書)

 

特に納得したのは次の節の内容。

 

『 4 自分の話を聞いてほしくない人はいない 』 

『12 会話は生ものと心得る 』

『27 安易に「わかります」と言わない 』

 

先日ある方からこんなアドバイスを受けた。

「まずは相手の話をよく聞き、それを受け入れてあげなさい。

 そうしてあげないとないと相手はそれ以上話をしようとしない。

 まずは聞き入れてあげること。

 そのことと、話の内容が正しいか間違っているかは別問題なのです。」

この「聞き入れる」ことが難しいんですよね。

ただ頷きながら聞いてあげることが。

 

私の話を一番聞いてくれるのは妻です。

職場の話など家庭に持ち込みたくないのは山々ですが

ついつい妻へぼやいてしまいます。反省。

 

妻の次は間違いなくY先輩(でした・過去形)。

先輩とはこれまで通算12年もの間

同じ職場でご一緒させていただいたがこの4月に異動された。

先輩は何かあればすぐに話をきいてくださった。

ご飯もよくおごってもらった。

でも今よく考えると先輩に対して

自分はただ愚痴をこぼし自分の今の不満をぶつけて

憂さ晴らしをしていただけだったと思う。

今更ながら急に申し訳ない気持ちがこみあげてきている。

 

そして最近、その先輩との別れが

今年の不調につながったのではと思えてきた。

 

来年は

今年以上にいろいろな人と話をすること。

そして話をじっくりと聞くことができるようになりたい。

当然のことといえば当然なのですが。

そしてとにかく心と体に「ストレス」を溜めこまないように。

できればゴルフを復活させたいです。