読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dama's diary

思いつくまま 気の向くまま 好きなこと 書き留めます

逃げるは恥だが役に立つ

2016年の面白いドラマの1つでした。

「逃げるが勝ち」とはいいますが

逃げるは恥だが役に立つ」は初めて聞いた文言。

ハンガリーのことわざ「Szégyen a futás, de hasznos.」の和訳で

「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」という意味だとか。

中には「自分の戦う場所を選べ」とか「自分の土俵で戦え」

さらには「短所に目を向けるんじゃなく長所を伸ばす努力をしろ」

なんて解釈しているものもありますが、ふ~ん。

 

「逃げる」で思い出したこと一つ。

夜回り先生こと水谷修さんが講演会で語った若者へのメッセージ。

「ドラッグには、絶対に手を出すな。

 もしもそういう場面に出くわしたら、とにかく逃げろ。

 広い方へ。明るい方へ。人の声のする方へ。やつらは、夜の人間だ。

 明るいところが苦手だ。・・・」

 

「逃げる」はどうしても否定的、消極的なイメージがつきまとうが

必ずしもそうではないことに気づくことができました。

そんな私は「逃げず」に恋ダンス練習開始です。

 

2016年に観たテレビドラマのベスト1は

NHKBSプレミアムよるドラマ『ママゴト』でした。

タイジの演技が素晴らしかった。

というか素のままなのかもしれない。

かわいかった。そして、せつなかった。